読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

指先から広がる世界

ミーハーゆるをたの下手くそな文章。(twitter@Lime_a08/@Lime_a06)

一夜だけのSUPERNOVA(クリパ行った話)

現場記録:「関西ジャニーズJr. X'mas Show 2016」 12月1日 17:30〜 
 

f:id:ak_lm08:20161202141438j:image

 

メリークリスマス!

2016年の私のクリスマスは12/1に終わりました。
というわけで冬松竹行ってきたので感想です。
 
今回は時間もお金もチケ運もなくってこの1回だけです。悲しい悔しい……。でもしゃーない。いつも以上に目に焼き付けようって気で行きました。ので、今回のブログタイトルは「一夜だけのSUPERNOVA」です。
 
席は1階上手。1年ぶりの1階。双眼鏡はずっと首から下げてたけど結局一度も使いませんでした。
 
それでは印象的なところを中心にざざっと感想です。
 
※以下セトリ演出等ネタバレがあります。
 
 
 
 
まだ会場が明るいまま、「関ジュサンタ」が登場。これ誰だ??わからなかったです。
そのあと大ちゅんの声に続いて幕が開き、ハピラキからのクリスマスソングメドレー。ここはもうかわいいの大渋滞で誰を見ていいかわからず…。サンタもトナカイも雪だるまもみんなみんなほんっとうにかわいくてかわいくて……。それぞれわちゃわちゃっとしてました。DK組4人(大吉せーとわ)が上手でもにゃもにゃやってたのはよく覚えています。
真冬のナガレボシ、初めて聞いたんですがきらきらとしてて素敵。冬の曲ってそんな感じでいいですよね〜!
あと白マフラーを巻いてる丈くんがリア恋すぎてつらいです!!
 
 
クリスマスメドレーのあとにステージの上には4つのプレゼントボックス。それが関ジュからのプレゼントで、順に1つ1つ開けてゆく…って演出。このコンセプトがまずかわいい!すてき!箱も1つ1つかわいい!考えたの誰!?
 
まずは紫の箱。中から康二くん登場でV6の「Supernova」。これがもうかっこいい!まずその登場の仕方がかっこよくって、箱の中で片脚上げて座ってるんですよ!ここのところ、どっかの雑誌に載りますように…って願ってます。そこで「it's gotta be you...」って始まるんですよ!やばい。ガシガシ踊るし色っぽいしすごい。やばい。康二くんの長い手足を目一杯活かしてて最ッ高でした!惚れ直しました。
しかもバックについて一緒に踊ってるのが古謝と淳弥で。しかもその2人にもソロパートがあって。それがまためちゃくちゃよかったです!
まいジャニ大先生が映像に残してくれると信じています。
お察しかと思いますが今回のタイトルの「一夜だけのSUPERNOVA」はこれの歌詞です。
 
その余韻に浸る間もなく、丈くん和也リチャ今江ちゃんでキスマイの「Hair」。これもまたえろい…。みんな上着はだけさせて肌見せて踊るわけですよ… くらっくらきてしまう。あと、みんなちゃんと鍛えてるんだなぁと感じました。大事。
 
その次が、龍太で優馬くんの「水の帰る場所」。最初は丈くんとリチャが踊るんですけど優馬くんのソロコンDVDで特に印象的だったこの曲を踊る丈くんを見れて嬉しかったです。その後、丈リチャは捌けてまとくん末くんが合流。この2人にもソロパートありました。
今回、Funky8のメンバーはみんなソロパートがあるんですよね。今までは丈くん和也リチャだけだったけれど、全員の歌声が聞けて嬉しかったです。これからもっともっと増えればいいなぁ…!!
 
その後は、るたこじ+Funky8で少年隊の「Act-Show」。高音を響かせる龍太とまとくんが素敵でした。年上組でみんながしがし踊っててかっこよかったです。
この曲、登場で丈くんがすぐ横を走り抜けて目の前に立ったからびっくり。突然のことすぎて震えました。
 
その後は大西畑で「New day」(和装かっこいい)、ちびラインで「サンダーバード」(カワイイ)、道枝長尾恭平で「ジゴロイズム」(楽しい)、と続き、最後に「NEXT STAGE」。ここでフラッグを持ってくるとは思わなくってびっくり!主に康二くんと丈くんを見ていたけれど、軽々フラッグ投げてるのかっこよかったです。
 
繋ぎでこじけんと16年組とあくんのデスノートコント。とあくんの棒読み感がメチャかわいかったです。
 
 
2つ目の箱はたこ焼き柄の箱。関西メドレー。おばちゃんの格好してる丈くん+赤トリオ(正門赤名小島)がめちゃめちゃおもしろかったです。ちょっと恥ずかしそうな赤名くんがまたかわいい。口紅を歯につけて爆笑されるこじけんも最高でした。爆笑してる龍太くんも相当おもしろかったです。
一発芸大会をしてる後ろで粉もんを踊り続ける面々が大変そうでそれもおもしろかったです。末くんが結構早いうちにダウンしてたのには笑いました(笑)
あと、おばろくの「ワン、ツー、こんにちワンツー!」に反応できなかったのが悔しい!!
 
このあと、神主リチャード登場。出落ち感ハンパない。そして新曲、「おみくじハッピー」!新曲!うれしい!楽しいハッピーな曲でした!早くまた聞きたい!ここも全員であっちこっちでわちゃわちゃしてるからどこ見ていいかわからなかったです。末くんが誰かとじゃれててかわいかった記憶があります。
 
MCはお化粧事情とお風呂事情と正門のお誕生日の話。龍太くんの秘密(メイクするときに窪田正孝の写真を見せてる)を話そうとする康二くんをわざわざ下手から上手に止めに来たのに構わず話す康二くんがかわいかったです。るたこじゼロ距離。仲良しめ。でも、康二くんが道枝とお風呂に入ったって話を聞いて「(道枝に)乗り換えたんか」って言う龍太くん。…仲良しめ。
 
 
MCのあとは緑の箱。
ここの流れで印象的なのは恭平のソロですかね。JUMPの「君はVampire」。最初のクリスマスメドレーでもソロで歌っていたけれど、私かなり恭平の歌声が好きです。これからもっと上手くなるだろうなぁって思います。
あとは龍太でくらまるの「二人の花」。めっちゃかっこよかったです!!毎回思うんだけど、龍太は選曲が絶妙!エイトのちょうどここってポイントを突いてくる。聞けて嬉しかった!!
 
 
4つ目は赤い箱。出てきたのはギターを持った正門。そこから正門赤名小島吉岡でバンド演奏。めちゃくちゃかっこよかったです!
よしれんのベースソロに痺れました……。あと赤名くんドラムよかった!夏、めっちゃズレてて、んん??って思ってたから上手くなったなって思います。ソロのときシンバルがんがん叩くのすっごくかっこよかったです。
 
このバンドメンバーでエイトの「象」もやっていて。これ選曲したの誰だろう!もともと好きな曲だったから嬉しかったし、かっこよくてテンション上がりました。
楽器隊はこれからもっともっと頑張って行ってほしいなぁと思います。
 
あとはほぼ大ちゅんメイン。ラブシチュの「チカヅキタイ…」がかっこよくて印象的です。
よくよく考えたらここから最後までほぼ出ずっぱりの大ちゅんすごい…………!
 
そして「最後のクリスマスプレゼント」としてダンスメドレー!(通称:地獄の三部作 by.大ちゅん) 蒼い季節、Be cool、BIG GAMEの3曲。
毎度毎度のことだけどステージ上の人数が多いほど目が足りなくって見きれてません。でもちっちゃい子たちまで全員で頑張っていました。
後半キツそう〜って思ったというか絶対絶対キツイしそれも伝わってきたけど、みんな必死に踊っていて、本当に見応えがあって、強くって、最高でした。関西ジュニアの群舞はやっぱりすごいなと思います。強い。これをいちばん最後に「プレゼント」としてくれる彼らが愛しいです。
 
「蒼い季節」(たぶん)で楽がFunky8ライン入ってるのを見つけてテンション上がりました。楽以外にもいたのかな…?
「Be cool」で康二くんの「ROMANCEじゃ眠れない」を聞けて嬉しかったです。スポットライトの下でキメてるのほんとかっこよくって大好きです!
「BIG GAME」の最初に「行くぞーっ!!」って叫ぶ龍太に滾りました。さすが最年長。客席もステージ上も、絶対熱くなります。
あと、ビグゲでのアクロバットで、康二くんの土台になった柊和の表情が男らしくってすごくかっこよかったです。この終盤にそんな顔するなんて…と不覚にもドキドキしました。
 
それと、汗だくになっているのがわかるくらいに汗をかいてた赤名くんが印象的です。2日更新のかんじゅ日誌で「もう少し踊りたいなーって思ってた」と書いてた赤名くん。頑張ってたなぁと思います!
 
全員に言えることだけどやっぱり踊ってて楽しそうなのが伝わってきて。そんな彼らが大好きです。
 
そのあとすぐ挨拶をする龍太が必死に息整えようとしてるのも笑ったけど、落ち着いて、落ち着いて、って思いました。そりゃあれだけ踊ってたらそうなるわ。
 
 
最後の曲は「See you again」。実はこの曲、今回初めて聞きました。もちろん曲のことは知っていたけれど、悲しくなりそうなので歌詞も見たことなかったと思います。
それでもやっぱりこれを最初に歌った2015年の春松竹の件を知っていたから、どうしても、どうしても思い出してしまって、歌詞を噛み締めながら聞いていたらぼろぼろ泣けてきてしまいました。いつまで経っても忘れられない、だめなおたくですね。
丁寧に歌い上げるみんな、かっこよかったです。
 
 
アンコールは「バンバンッ!!」。安定で楽しかったです!!C&Rのある曲はやっぱり強いですね。
幕が降りるときに、にこにこぴょんぴょんっしてた今江ちゃんが超かわいかったです。天使か。 
 
 
ざざーっと感想以上です。
 
他に細かい感想としては、思ってた以上に和也の髪が明るい、末くんがチャラい(超絶褒めてる)、川北翔くんが結構いい立ち位置にいた!、風雅てゃんとか16年組の成長が見えて感動した、ってことですかね。
 
グッズも今回気に入ってます。ハリセンペンラのおかげで遠征のたびにペンラが割れないか心配する必要がなくなります(笑) リボンブレスも普通にかわいくって好きです。普段使いしようと思えばできそう。
 
 
本当に本当に楽しかった!!1回しか入れないのは惜しいですが今回は仕方ないです。潔く諦めることにしました。
今年もありがとう松竹座!関西ジュニア!愛してるよ!また春にね!
 
千秋楽まで誰一人欠けることなく無事に終えられるように願っています!
 

映画「溺れるナイフ」を観ました

久しぶりのブログ更新です。書きたいことはやまほどあった!!でもツイートすら増えないほど忙しい日々を送っていたんだ!!

 

そんな中、映画「溺れるナイフ」を公開初日に観て来ましたので感想です。だらだらしてたら投稿するのが遅くなってしまいました。

 

gaga.ne.jp

 

原作は映画を観てから、3巻までRenta!で読みました。とりあえず情報解禁されたころは「しげ出るの?じゃぁ見るわ」と思ってましたが、公開が近づいて本予告を見た時には「普通に面白そうてか菅田将暉やべぇ」という風に変わってました。

私は少女漫画って感じの恋愛話があまり好きではないというか得意ではないんですが、この「溺れるナイフ」は予告で感じたほどキラキラ青春恋愛ものではないなと思いました。もっと生々しくて、苦しかったです。焦がれるような熱と、交差する感情、それになにより映像の美しさに感動しました。

 

菅田将暉小松菜奈ちゃんが好きなら観に行って損はないですし、家のテレビで見るより、映画館のスクリーンで見ることをおすすめしたいです!

 

 

※以下演出等のネタバレあり

 

もうとにかく美しくて苦しくて、ぼろぼろ涙出てきました。うまく名前のつけられないこの苦しさがとてもよかったです。どこを切り取っても映像が綺麗、撮り方が美しい。それにすっごくエモーショナル。映像であらわされる心理描写が素敵です。監督が撮りたかった「女の子」がなんとなくわかった気がしたし、この人の作品をこれから追いたいなぁと思いました。

2人で海に落ちるシーンはとびきり美しかったですね。出会ってすぐのも、港で再会したときのも。見てるこっちも溺れるような苦しさを感じました。

 

 

 

 

 

夏芽がどうやってコウに惹かれていったのか…という描写はあまりなく、いつの間にか付き合っていたり、途中途中場面が飛んでいるのは気になりましたが、まぁそういうものなのだと思いました。

 

以下印象的なシーンです。

予告だかWSだかでも公開されてた、夏芽が飲みこぼしたジュースをコウが舐めとってからキスするシーン、めっっっちゃよかったですね、めっちゃよかったです、好きです。語彙力なくて申し訳ないんですけどどちゃくそにえろいです。好きです。またここのシーンの流れが全部丸ごと好きです。

 

 

事件の後、2人が離れてしまったのは、お互い全能ではないとわかったからで。夏芽を助けることができなかったコウの表情と、夏芽の「なんでやっつけてくれなかったの」という台詞が印象的です。

本当はお互いずっと輝いていてほしかったのだと思います。夏芽にとってコウは「神さん」で、コウもそうありたかった。

 

山の中での再会も切なかったなぁと思います。

ちなみに私ここのシーンめちゃくちゃ泣いたんですよ、なんでって言われたらわからないんですけど。夏芽とコウの「怖い?」「怖くないよ」ってやりとりも好きです。事後に「誇り高くおりたかった」って声を震わせながら言って、夏芽がいなくなってから声を上げて泣くコウ見たらぼろぼろ涙出てきました。

 

それでも別れてからも夏芽はいつもコウを追っているわけで。どこにいっても「コウちゃんはもっとすごいんだよ」って、そう言いながら、ずっと本当は追いつきたいと思っていて、追いつけないとも思っているのだと思います。

ラストシーン、「わたしの、神さん」と夏芽の台詞で終わるのがすごく印象的で素敵でした。白いタキシード姿のコウと白いワンピース姿の夏芽がとにかく美しくってそれだけでぐっときたのに、その一連の夏芽とコウの台詞でぼろぼろ涙出てきました。この台詞が、とかここで感動して、みたいなものはたぶんないし覚えてもないけど、このラストシーンは苦しくて美しくて切なかったです。すごく幸せにあふれたシーンだけれど、もう叶わない、そんなところが切なくって好きです。

 

 

それと、しげおかくん演じる大友くんはめっちゃしげおかくんだと思いました。バッティングのとことか、「うぉぉめっちゃしげ…」って思いました。眉毛のくだりなんてなんてしげおかくん…(笑)

「友達でいい」って言ってるのもなかなかに切ない…と思いましたがそれならキスするのはダメでしょううう……。

「俺じゃダメなんか?」って押し倒すシーンは、予告公開の時点でWEST担界隈では話題になってましたね。ここのシーンで大友くんが夏芽に「笑ってよ」って言いますが、これ事件の犯人と同じセリフなんですよね。ここ被せたのなんでだろう…って思いました。

 

 

本当は2回目を観に行きたかったのですが、時間とお金がないので諦めることにしました。悔しい。(正直デスノート観に行かないで溺れるナイフ2回目いけばよかったと思った)

 

以上です。

映画感想も現場記録もかけてないので年内のうちにもうちょっと更新できたらいいなぁ…

今更ですがANOTHER観てきた話

 

現場記録:「ANOTHER&Summer Show」@大阪松竹座 8月4日 両部 

 

f:id:ak_lm08:20160904233354j:image

 

気付けば観劇してから1ヶ月経ってしまいましたが、ANOTHER観て来ましたので感想です!

今回は時間もお金もチケットを当てる運もなかったのでこの2公演のみです。

そして、ネタバレをしっかり回避して臨みました。これまでのものも見たことがなかったのでまったくの初見です。

 

 

昼公演を観終わって松竹座を出た時点でもう胸いっぱいで。とにかく圧倒されて、Twitterを開いてもなにをツイートしていいかわかりませんでした。関西ジャニーズJr.ってやっぱりすごいなぁかっこいいなぁ…と圧倒されました。私がここ最近忙しくてジャニーズから離れてたってこともあると思うんですけど、しばらく忘れてしまっていた感動で。松竹座のあのステージにずらっと並んで歌い踊り芝居する彼らが最高にかっこよくて、好きでいてよかったぁとまた思いました。本当に、何度だって惚れ直します。

公演が始まってすぐのこの時期に2公演だけしか見れないのがほんとに悔しいんですが、昼公演見終わった時点で十分満足していました。

 

 

※以下演出等に触れています。書くのが遅れてしまって後半うろ覚えにもほどがありますが多めに見てください。

 

 

最初のAnother Tomorrowを聞いた時点できらきらしたステージにわくわくしました。4か月ぶりの松竹座、まだ始まったばかりなのにこの場所にいることがすごくうれしかったです。

ANOTHERは初めて見る舞台だったので、フウガが死んだところで、「えっもう一人脱落!?」とびっくりしました。そのフウガのお墓に流星たちが話しかけるシーンは普通に切なかったのに、そのあとのリチャードのくだりにやられました。あれはずるい。めっちゃおもしろかったです。あと、赤名くんのあのクズっぽい感じ、似合いますね…!

1人流されてしまったダイゴの「おぉ、満天の星!大地! ~ 五体を支える筋肉ども、萎えるな!」の台詞が力強くて印象的です。

 

合言葉を決めよう!からのHI!HO!はとても楽しかったし、動物に扮したちびーずがとにかくかわいくってかわいくって…。例によって贔屓目かもしれないんですが、川北翔くんがいちばんにこにこしゃかりきでかわいかったです!!ところでこの合言葉はいつ使うの…?

 

キョウヘイの「ポケットに今日の日の 痛みをねじ込む~…」、思ってた以上に美声でびっくり。そこから、キョウヘイ、ケント、シュンで踊ってるところは、14年組成長したなぁ…と思いました。(誰目線だ。)ケントの「なんかねじ込めた気がする!」は笑いました。

 

そして、今回の舞台の中でいちばん印象的なのは、ダイゴがセンターのDarkness。なにかと戦うように歌い踊る大ちゅん、めっちゃくちゃかっこよかったです!私の中でここがダントツで、息をのむほどで、スッと引き込まれました。周りのメンバーは誰が誰だかわからなかったのでとにかく大ちゅん見てました。センターでギラギラしてて、吸い込まれるようでした。あ、でも夜公演の時には末くんと大晴はわかりました。今覚えば大ちゅんの周りにいためっちゃダンス上手い人たちがFunky8だったってことですよね…?でもあれ見分けるのめっちゃ難しいでしょ……

間奏のダンスもすごく迫力があって、本当にすごいなあと思いました。正直びっくりしました。センターで踊る大ちゅん強かったです。

ラップで合流した丈くんもかっこよくてかっこよくて…。丈くんソロ!やったー!と心の中で叫びました。

ここだけでももう一度見たいなぁ…そして周りが誰なのかちゃんと知りたいです。(まいジャニ大先生お願いします。)

 

このあとシュンと、ジョウと、長が登場。長が、昨年の看守長を思い出させる迫力のある感じで素敵でした。やっぱり龍太は声量あるし、台詞もハッキリしていて存在感もありました。

 

ジョウとダイゴのシーン、1部ではジョウが「コイキング」を渡していて、「日本ではいまポケモンが流行ってるんや!」「町ではこんな人(スマホいじる動作)ばっかやで!」とかタイムリーすぎてめちゃめちゃ笑いました。しかもそのあと別のシーンでリチャが「コイキングほしーーーい!」って叫ぶという…。私ポケモンは全然わかんないんですけど、関ジュの中でも流行ってるのかな!?と思いました。

 

さて「オーディション」(という名の特技披露・コントコーナー)。

ずっと笑いっぱなしでおなか痛かったです。1部ははれたろ、2部は大晴がレオタード姿で振付師の先生(オネェ)として出てきたんですがここからもうおもしろい。からの康二くん扮する「世界のコニー」と龍太くん。龍太くんさっきまで長としてドドーンと出てたのにギャップにびっくりしてしまいました。これ長が際立つなーと思います。

昨年の少年たちではほとんどボケれなかった康二くんも今年はボケられる場面があってよかったなーなんて思いました。

 

ここで16年入所?の新しい子たちが出てきました。1部はとうまるーくくん、2部はさのまさやくん、でした。

1部では丈リチャコント、2部では今朝コントが見れて嬉しかったです!今朝めっちゃくちゃかわいかったです…!

このコーナー全体を通して龍太くんが大変そうでした。

 

 

島での暮らしに耐えきれなくて海へと消えてしまうキョウヘイと、そのあと冷たくなったキョウヘイを見つけるコウジのシーンは、「兄ちゃんから離れるなってゆったやろ」というコウジの台詞がなんだか切なかったです。「ごめんな…」ってつぶやくコウジにうるっときました。でも、「怖かったやろ?兄ちゃんのとこおいで」というコウジの声が優しくって最高にトキメキでした。

 

そして大ちゅんの1人2役の入れ替わりのシーン。

最初見たときはすぐ把握できずに、誰??と思いました。(ぽんこつ)

トリックは冷静に考えたら簡単なことだけど、あの1シーンで2役演じ分ける大ちゅんの演技力はさすがです。

序盤の「おぉ、満天の星!大地!…」という台詞をここでも言うのですが、印象が全然違いました。 

 

そのあと、長に捕らえられそうになったダイゴをジョウが逃がしたところで第一幕おしまい。

 

第2幕は長(=龍太くん)を中心としたMysterious Danceからスタート。龍太くん以外の記憶がもう薄いんですけど、槍を使ったアクションも初めて見たのでドキドキしながら楽しみました。とっても素敵でした。

 

シュンが倒れてから、「神の怒りに触れた」だとか「いけにえにする!」とか言う長には普通にイラっとしました(笑)

シュンを助けるために薬草を探したい派と、捕まった小島、吉岡を助けに行きたい派で分裂しかけたときに歌い踊った「急げ若者」もとってもかっこよかったです。康二くんががっつり踊ってるのって今回少なかったからか、康二くんのダンスが印象的です。ステージの上で大人数で歌い踊る姿が強いなって思いました。

 

小島と吉岡を助けに来たコウジが「殴りに来ただけや」と小島を殴り、「今日から俺らは仲間や」と言ったのは胸アツです。ベタだけどこういうシーンは普通にドキドキするし好きです。そしてダイゴ、ジョウ、長も合流。

 

そのあとダイゴたちは薬草を探しに。

このときの曲がなぜかしばらく離れませんでした。

手の届かない位置にある薬草を取ろうとするダイゴの「ここは勝負するしかないやろ」って台詞がかっこよかったです。

 

意識の戻ったシュンを抱きしめたダイゴとシュンの表情がすごくよかったです。シュンが安心したような優しい顔をしてダイゴの背を叩いていたところで2公演ともなきそうになりました。

最後の「ダイゴ兄ちゃん、また会えるよね」ってシュンの台詞もよかったです。

そのあとコウジが「俺この島残るわ!」と言ったときは正直、えぇー!と思いましたけど。

 

最後ステージにずらっと並んで歌い踊ったAnother Tomorrowを見てまた泣きそうになりました。もう何回か見れたら細かいところまで見れたのに…と思いました。とくに、ジョウにスポットを当ててみるのはすごく楽しそうだったのでやりたかったです。

 

本編感想以上です。

 

続きましてショータイム。すでにうろ覚えなので、直後に残した手書きメモをほぼそのまま書きます。

 

ネクステ:康二くんどこよと思ったらいなかったのか(後から知った)。龍太のバク宙めちゃくちゃかっこよかった。

Battle:みんなめっちゃかっこよかった!!公演数重ねるごとにこの曲ではいちゃいちゃしてるペアが複数組みあるらしく、毎日Twitterが盛り上がってた。

5W1H:大晴ばっか見てたけど「痛いくらいしたいしたい」がえろい。上に立ってる大ちゅん強い。

アメフリ:私の好きなばっど曲!!みんな落ち着いた雰囲気で良かった。虹色のライトが綺麗だった。

カモナ:恭平かわいい!一人でセンター張るようになったなんて…!とちょっと感動した。すごかった。台詞可愛かった。

カナシミブルー:大人っぽい選曲!道枝くん長尾くん二人とも堂々としてた。

Brother:かっこよすぎた。ここで丈くん来るとは思わなかった。長尾くんとアイコンタクトしてにこにこする丈くん素敵だった。ソロの歌声も聞けて本当に良かった。

康二くんのダンスちゃんと見れてよかった。やっぱり好き。康二恭平ペアは、本編のことを考えると泣けてきちゃいそうだった。

そもそもこの曲とフリが好き。途中で合流するfunky8とDK組もよかった。丈くん抜きでfunky8ラインが8人いたから、もう一人誰だ?と思ったら柊和だった。ここ宏志朗いたらなぁ…と一瞬考えて悔しくなった。

バドボ:楽しかった。めっちゃペンラ振った。ここの赤名くんのドラムは安定してたと思う。

エスパー:めっちゃ楽しかった。大晴と柊和が絡んでるの楽しそうだった。つねにニコニコしてる大晴可愛い。煽るfunky8めっちゃいい。

鼓動:まさか聞けるだなんて思ってなかった。「すべての今日を~」の流星ソロ素敵。

全員の白スーツかっこよかった。関西ジュニアはやっぱりステージにずらっと並んでいるときがいちばん強そうに見える。なによりも「仲間」を武器にしているようで本当にかっこよかった。

 

 

以上です!後半とりあえず残しておきたいだけのメモになってしまってごめんなさい!

 

次の大阪遠征は10月です。1回しか行けないので目に焼き付けたいなぁと思います。あと3階席なので双眼鏡を新調したい。

 

夏のEXシアターに行きました

現場記録:「サマステ ジャニーズキング」Snow Man/Love-tune/高橋海人  8月15日1部

 

 

今年もEXシアターに行ってきました!整理番号は~1000番台、立ち位置は下手よりのセンター後方。青春アミーゴのときにみずきが立ち位置ドンピな位置です。

 

バタバタしていて予習は全然できず、TLに流れてくるふわっとした情報しか知りませんでした。ので、知らなかった曲もたくさんあります。
 
以下セトリ順に覚えてることざっくり感想。ちなみに推しはLove-tune萩くんです。
 
 
 
1 テンション
下手バルコにらぶちゅん登場。萩くんの金髪が綺麗で見惚れました。というか完全に萩くんしか見てませんでした。想像以上に、7人で並んだ彼らは強そうに見えました。
 
2 LIPS
上手バルコにすの登場。カッッッッコイイ…有無を言わせぬかっこよさ。
「ジャンプ!ジャンプ!」って煽る佐久間くんがめちゃめちゃかっこよくって跳びたかったんですが周りがみなさんおとなしかったので自重。せっかくスタンディングなのにッ!
 
3 BAD BOYS ~ 4 完全マイウェイ
どちらの曲もペンライトガンガン振るの楽しかったです。
だいたい萩くんか佐久間くんを見てたと思うんですが、二人とも髪の色が明るくて見つけやすかったです。
 
5 OH!サマーKING
たかいと登場。初めて生で見たんですが、想像以上にカワイイ。ゆるふわ。HiHiJetsが出てきたのもここらへんだった気がします。ハイハイはみずきくんがもともとかわいいなと思ってたんですが、やっぱりかわいかったです。後述しますが、彼の株が今回ぐいぐい上がりました。カワイイは正義。
 
6 Sky's The Limit
あぁこれ康二くんも踊ったんだよなぁ…と、松竹座に思いを馳せてしまいました。佐久間くんが視線泥棒。
 
7 Eternal MIND
これは優勝~~~ッ!少クラで見た時に、「これは強い…」と思ったんですけど生で見る破壊力はやっぱりすごかったです。最初の立ち位置、センターに立った真田くんがかっこよくてかっこよくて…。
安井くんの「そう叫べ Alright!」はもう言わずもがな崩れ落ちそうなかっこよさだったんですけど、ぜひこれもっと大きい会場で特効つきでドカンと見たいな~と思います。
一回目の萩くんの「そう叫べ Alright!」もかっこよかったです…撃ち抜かれた…きゅん。少クラでもやってましたが、サイズ短すぎてもったいないんでまたやってほしいです…。
 
8 Remedy 
9 BANG!BANG!バカンス
エタマイの余韻引きずって全然覚えてない2曲。BANG!BANG!バカンスはタイミングがタイミングだったのでちょっとぐっとなったかな。
 
舘様もあらんちゃんもめちゃくちゃかっこよかった!そして会場みんなサビの振りを踊れるのやっぱりすごいな…と思いました。あとちょうどみずきがゼロ位置でガン見しました。かわいかった…!
 
11 愛のかたまり ~ 12 チラチズム
ふっかともろが楽しそうでした!!萩くん見えにくかったなー……。
 
13 『愛 Love You』
選曲したのどっちですか?????こんなコアなところをついてくるなんて…。月曜から夜ふかしで話題にされたりはしてたけど、エイト担じゃないとなかなか知らない曲じゃないですかね。ギラギラしててテンション上がりましたし、「しょーちゃん!」「けんちゃん!」etc.のC&Rやっぱ最高に楽しかったです。
 
14 Maybe
色気…ッ これのとき会場全体的に静かだったんですよ。間奏とかすごく静か。青いライトに照らされたステージで色っぽく踊る2人がとても印象的です。かっこよかった…。
 
15 T.W.L
タオル振りたかったけど持ってなかった。ざんねん。
 
16 君にHITOMEBORE
佐久間くん「好きなんだよ!アニメ!」最高!!ヲタ芸キレッキレで笑いました。楽しそうだった…!
 
17 Keep the faith
萩くんドラム来たー…!!萩くんのドラムの位置は一段高くなってるので普通よりずっと見やすくて良かったです。生の音も聞こえてすごくすごくよかった。好き。
 
18 Hi Hi Jet
一回やってみたかった\ハイハイジェーッ/
ローラーでするするステージを滑る8人はめちゃくちゃかわいかった。みずきと涼ちゃんくらいしかちゃんと名前と顔一致しなかったんだけど、みんなそれぞれきらきらしてたなーと思います。まだ若いだけあってこれからが楽しみです。
 
パフォーマンスバトル
すのーまんは世界観がとっても素敵でした。最初のロボットダンスの舘様がすごく印象的です。身体をフルに使ったアクロバットダンスは見ごたえがあったし、迫力もあって、これが彼らの武器なんだと感じました。
らぶちゅんは、スネアを叩く萩くんに「勝訴…!」という気持ちを抱きながら、去年のガムシャラを思い出してしまいました。スネアを叩く萩くんを見ればいいのか、光るカップを操る6人を見ればいいのかここは迷いました。そのあとの萩くんのドラムにも心の中でガッツポーズ。ほんと私はドラムをたたく萩くんが好きです。
カップ投げるの上手くいかなかったのは残念だったけど、そのあと安井くん(たぶん)が、「とりかえすぞー!」って言ってるのがかっこよかったです。
あと、優馬くんのコンサートのFunky Nineの音楽を使ってたのはここだったかな…?最初聞いたときはどっかで聞いたことある…なんだっけと思ったんですがすぐに思い出しました。みんなみんなかっこよかったです。
 
19 花に想いを
20 Next Dream
どっちも曲知らなかったごめんなさい。たかいとの柔らかい歌声が素敵でした。みずきと涼ちゃんはマイク持ってて歌ってたのもうれしかったです。
 
22 ZIG ZAG LOVE
23 Love Situation
24 CHANGE UP WORLD
25 ZIG ZAG LOVE
すのーまんメドレー。Love Situationのなべしょの「チカズキタイ」には不覚にも叫びましたよ、えぇ、えぇ。
ZIG ZAG LOVEのサビのフリ一緒にできなかったのだけ心残りかな…。パフォーマンスバトルのとこでも書いたけど、身体をフルに使ったパフォーマンスが本当に素敵です。
 
26 オモイダマ
これまた絶妙な選曲。久しぶりに聞いたら泣きそうでした。
 
27 Striker
28 Party Don't Stop
29 EVOLUTION
30 ER2
らぶちゅんメドレー。ER2というこれまた絶妙な選曲に感動しました。誰だこれ選んだの。
 
パリドンで萩くんがセンターに立ったときに、かっこよすぎて倒れそうでした。電飾もギラギラしてて素敵でした。
EVOLUTION(で結局曲名はあってるのかな?)の、\ We are Love-tune!! /最高でした。グループっていいね…!
 
31 REAL DX
32 街角DEEP BLUE
33 GO!
ごめんなさい時間が経ちすぎてしまって全然覚えてないのだけど、メインステージを見れはいいのかバルコを見ればいいのかめちゃくちゃ迷ったのは覚えてます。
 
EN1 Lucky Man
後ろでゆったりまったりしてるらぶちゅんがとってもかわいかったです。萩くんともろ?だっけかな、がノリノリでかわいかったです。
 
EN2 Summer 上々!!
「Summer! Summer! Summer!」でしゃにしゃき踊るみなさんがかわいい!!めちゃくちゃ楽しかったです!
すのらぶはもちろん、ハイハイのみんなもにこにこ楽しそうにしてたのが印象的でした。
 
 
曲ごと感想以上です!
ごめんなさい忙しくって後半書くの遅くなってしまったので記憶薄いです。
 
Snow Manを見たのは昨年の少年たち以来二度目ですが、さすが長くやってるだけあってチームワークだとか、魅せ方が素敵でいいなと思いました。昨年の少年たちと同じように佐久間くん気になる♡かわいい♡で終わるかと思いきや阿部ちゃんやなべしょにもうっかり落ちそうになったので今後もゆるっと見ていきたいなと思います。
 
らぶちゅんはですね、実は7人体制にしっくりきてなかった勢だったんですよ。少クラとかもなかなか見る時間なかったですし…。バンドが好きなのもあって、4人じゃダメだったの?と思っていたのです。でも今回7人でパフォーマンスしてるのを見て、強そう!!と思いました。バンドも、ダンスも、どちらも武器にできるのはやっぱり素敵ですね。これからもますます楽しみになりました。それと、彼らが「Love-tune」とグループ名を口にするたび、やっぱり公式にグループ名がついてるのっていいなと思いました。西の推したちにも早く…とつい思ってしまった関西担です。
 
今回初めて見たHiHiJets。この“かわいい”子たちが、“かっこいい”人たちになるのが楽しみになりました。あと生で見たらますますみずきを推したくなりました。にこにこかわいく踊ってると思ったらふとした動作が大人っぽくてかっこいいんですよ。ほんとこれからが楽しみです。
 
たかいとも初めましてでした。まさかれんしょぉより先に見ることになるとは……。テレビで見るよりもゆるふわのほほんとしてて、すのらぶのお兄ちゃんたちに可愛がられてるのが見えて微笑ましかったです。
 
 
今年も夏のEXシアターに行けてよかったです!欲を言えば他の公演にもいきたかったのですがそれはまたの機会に。
 
 
以上です!ありがとうございました。

「新撰組暁風録 勿忘草 第参巻 沖田総司」を聞きました

今回は表題の通り勿忘草新作、沖田総司の巻の感想です!

 

今回はわざわざ授業の合間にフラゲしに行きまして、その日の夜に聞きました。
 
比翼録ももう何度も聞きましたし黙秘録も血魂録も聞いてて、実は今回聞くまでに相当拗らせています。好きすぎて頭おかしくなるくらいには拗らせてます。私がいちばんびっくりしてる。
 
新作が出るって聞いて沖田さんがいるのを確認した時は素直に嬉しかったです。買おうか迷いはしたんですけど比翼買ってますし。ねっ!ということで。
 
スーパー拗らせ盲目ゲロ甘とはいえ所詮外野なんですけど今回もめっちゃよかったんで感想書かせてください。
 
聞く前からとっくにキャラクターのことが好きなので、そのバイアスがかかってることをご了承ください。
 
前半は若さゆえのかわいさに悶えてました。かわいいんですよ。突然理不尽なこと言われるわけでもないですし、過去3作に比べても聞きやすいと思います。今までで一番素直で、でもまさにツンデレ、と思うようなところもあって好きです。
 
今回はまだ若い日の話ということで病のことで悩んでいないというところもよかったです。過去3作でここは聞いてて辛いところでしたからね。
公式サイトのあらすじにも書かれていましたが、「友達」というのが重要なポイントです。友達だから、友達なのに、どちらとも言えますが、私には切なくて切なくてたまりませんでした。ちなみに、ヒロインである下女ちゃんは、過去作とは別人、と私は解釈しています。
また、過去3作を聞いていなくても問題ないと思います。むしろ聞き終わった直後は「黙秘録の前に聞きたかった…」と思いました。そりゃ時間の経過は暁風録→黙秘録なわけですし。過去3作を聞いているからこそ胸に来るシーンや台詞ももちろんあるのですが、これを先に聞いてそのあとに黙秘録を聞いたらそれはそれでまた違った感じ方をするんだろうなぁと思います。そんな風に聞けるのもなんだか羨ましく思います。だから!聞いてください!
 
収録時間は2時間20分くらい。フリトを除くと2時間くらいですので、2枚組としては普通くらいだと思います。今回フリトが長いです。
 
 
f:id:ak_lm08:20160622235449j:image
 ジャケもかっこいいんですけど、裏ジャケもまたかっこいいんですよね…! 
 
 
※以下内容、台詞ネタバレ。まだ聞いてない方はこの先ご遠慮いただけると嬉しいです。 また、このジャンルに興味のない方、理解のない方もご遠慮ください。語彙力のなさも許してください。
 

あんスタイベのランボを無課金で狙った感想

あんスタ5月後期イベント「跳躍 湖上のPrincipal」お疲れ様でしたーーーー

 

久しぶりのKnights箱イベ、なおかつため続けていたダイヤもあったので今回はちょっとランキングボーナスの☆5の瀬名泉を狙ったんですよ…。前よりボーダーもぐっと下がったし溜めまくってたダイヤもあるし、凛月くんを諦めたジャッジメントのころとは違う!…という気持ちで臨んだんですよーーー…

 

いや結論から言うとだめだったんですけどね。無課金が調子乗るなってことでしょうか…悲しみ…

とりあえず無事に司は3枚ゲットです。よかった。

 f:id:ak_lm08:20160528125832p:image

 

で。せっかく久しぶりにがんばったので感想と反省点を。

 

もともとあったダイヤは300ちょい。なんてったってこれの前のイベント(バンドアンサンブル)は大本命凛月くんが報酬にあったからそこそこがんばってたんですよ。このときも3日目まではワンチャン真緒くんもいけるかも?なんて思ってました(つくづくこのとき諦めてよかったと思う)。プラス、ストックしてたスポドリも4本あって。まぁまぁボーダー下がったしなんとかなるんじゃない!?という気でいました。

 

最初はいい感じだったんですよ、スタートダッシュ終えた時点で3000位を割って(すぐ落ちたけど)、そのあとも1回は4500位までいき、しばらくは6000位台で落ち着いてきて、もしかして瀬名泉2枚いけるのでは…?なんて思いました。…甘い!!

 

後半、2周目に入る前ぐらいから、特大1回叩いたぐらいじゃ全然順位が上がらなくなりました。それもそのはず、もうそれくらいの順位にいる人たちはみんなだいたい6000ptずつ加算されてるんです*1。1回叩いたぐらいじゃ上がるはずない。緊急を数回やるくらいじゃないとなかなか順位は上がってくれないのです。逆にそうすぐにガクッと順位が落ちることもありませんでした。でもこれだと順位を上げていくのにはそこそこの数のダイヤと時間が必要です。ずっと書いてることだけどこのゲームどれだけ時間を取れるかが重要だと思います。もう残り2日になった頃にはダイヤは尽きてたし、溜まってたイベントストーリーも読み切ったし、どうしようもなくなったのでさっさと諦めました。悔しい。課金はしたくなかったのです……

 

気力もダイヤも無くなってしまったのでしばらくはダイヤ集めに専念します……。毎回40万pt地点のダイヤ10個まで頑張りたい……。

で、Knightsの卒業ライブイベントでも来ない限りランボを目指したりはしたくない……(涙目)

…次こそがんばろ!!

 

以上、無課金でランボ☆5を狙った感想でした。

 

f:id:ak_lm08:20160528215326p:image

この司が最高にかっこよすぎて好きです

余談なんですけど、Knightsの中で唯一司だけまだ☆5ゲットできてないんですよ… 次こそポイボでお願いします…

*1:特大Lv.30を1回こなすことで6000ptゲット。ポイント・カードがドロップした場合は7200pt

ハイキュー舞台のライビュに行きました!

これは間違いなくハマっちゃいけないやつだ。

 

…と、私の直感が告げました。

 

5月8日に、サークルの先輩に誘われて、『ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“頂の景色”』のライブビューイングを見て来ました。

いや、あの、すごかったです。すごかった。

 

ライブビューイングに参加するのも初めてですし、こういう漫画ないしはアニメが原作の舞台、いわゆる「2.5次元」を見るのは初めてでした。

最初は緊張しましたしどんなテンションで見ていいのかわからずそわそわしてたんですが始まってしまえば完全に圧倒されてしました。

 

開演前の、シューズが体育館の床をこする音、ボールの音、そしてステージの上に置かれたボール1つ。これだけでテンション上がります。

始まってすぐは違和感…というか、「あっ、こんな感じなんだ」と思いました。単純に、見たことのない舞台演出が新鮮で、驚きました。音と、映像と、影の使い方と、役者の芝居、全てがぴたっとはまっていたのがすごかったです。プロジェクションマッピング、すごい。とっても現代的で、今だからできる演出にゾクゾクしました。これは、実写ドラマや映画では決してできない方法ですよね。

 

役者のみなさんの運動量はめちゃめちゃ多くて、大変そうだ…と思いました。とくに日向役の須賀くんなんてほぼほぼずっとステージの上にいて、休む暇なんてなかったと思います。また、中心の傾いたり回転したりするステージ、そのうえの芝居も見た目よりきついんじゃないかと思います。すごい。

 

あと、言い方があっているかはわからないですが、なんだか「平面的」だと感じることがありました。なんというか、客席からステージを見た時にそれが「1枚の絵」となってるように感じた、という意味です。ビューイングではなく、生で見たらまた感想代わるんですかね。最初は慣れなかったそのスクリーンと、プロジェクションマッピングとで作るそのステージがとっても気に入りました。

 

試合のシーンも、こんな演出するんだ!と思いました。見ていない人にどう説明をすればいいのかとても難しいんですけど、こちらの視点が常に動いていて、立ち位置も固定されずキャラクターは常に動くし何ならネットも動くし。あ、それにボールも常にあるわけじゃなくて、影と音とで表現していました。そしてそれがとっても迫力あったんです。あとは点数の動きとかはプロジェクションマッピングで。

映像と役者の動きと音、ぴたっと合わせるのは絶対簡単なことじゃなく、相当な時間稽古したんだろうなぁと感じました。

 

ほんとにほんとにこの演出方法誰が考えただろう!天才じゃないか!?凡人の頭では考えつかないです。本当にびっくりしました。

 

またびっくりしたのは、キャラクターの再現度です。見た目も演技も、とてもよかったです。ハイキューはコミックを読んだことはなく、アニメだけだったんで、始まってすぐこそ声の違いに違和感を覚えましたが本当に最初だけ。影山の「日向ボケェ!!」とかめちゃくちゃ似てて、CV石川界人かと思いました。

役者さんのことを全く知らなかったので余計な先入観がなかったこともあるかもしれないですが、まさに「キャラクターがそこにいる!!」と言った感じでした。いちばんそれを感じたのは田中さん。一緒に観に行った先輩方とも「田中さんマジで田中さん」と話してました。

あと、及川さんのダブルピース、かわいかったです。あれ生でファンサ喰らったら間違いなく落ちる、危険。

 

ストーリーはGW合宿の手前までですね。アニメ2期をついこの間まで見てたのですっごく懐かしく感じましたし、そういやツッキーってこんなに嫌なやつだったな!!と思い出しました。たった2時間ちょっとでこれだけのストーリー詰め込んだのもすごいなぁと思い巻いたし、本当にこの舞台ならでは、演出ならではですよね。

 

そして、大千穐楽公演だったのでカテコでのあいさつもありました。これを見て感じたのは、「舞台俳優ハマっちゃまずい」。めっちゃくちゃ楽しかったです。役者同士の絡み、萌えるしかないです、ヲタクですもの。

そのあとのオフショも今後の予告も感動しました。続編…観に行きたい……。

 

 

以上短いですが、舞台ハイキューのライビュに行った感想でした。見終わってすぐ書いたらもっと細かいこと書き残せた気もするんですがちょっとリアルが忙しかったのでしょうがないです。

 

最後に、軽率なヲタクの一言。

木村達成くんめちゃくちゃかっこいいですね!!

 

 

www.engeki-haikyu.com