読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

指先から広がる世界

ミーハーゆるをたの下手くそな文章。(twitter@Lime_a08/@Lime_a06)

るたこじゲスト「JAM×JAM」 12/20放送分

唐突で今更ですが。

2015年12月20日放送の、室龍太くん向井康二くんがゲストのJAM×JAM文字起こしです。

自分用なんですけどTumblrに上げるには長くなってしまったのでこちらに。また、全てではなく私が気になったところを拾っただけです。だいたいクリパの話。

 

jocr.jp

 

 

 

・目次・

 

康二くんが龍太くんのこと好きすぎる問題

向井康二くん「でも僕は龍太くんを独り占めするつもりはないっすよ。みんなの龍太くんやから。あ、みんなのるーたくんやから。俺だけのるーたくんではないと思ってますよ、ただ俺の時間も作ってほしい、っていうだけの話です」

松本美香さん「これ最近さぁ、とくにすごなってない?」

室龍太くん「そうなんですよ、文一くんがね、不在してるじゃないですか松竹を。そっからもう急激ですね」

美香「あぁそう」

康二「ね、嬉しいでしょ?」

龍太「うれ…まぁ、嬉しいって言うかまぁ嫌な気持ちはしてないっすけど、ちょっと俺に依存しすぎかなって」

 

康二くんの愛が重たいのは見え見えだけどまんざらでもない龍太カワイイ。

 

 

上手のやかましいふたり

龍太「俺が拾ってくれると思ってるから、もうどんどんボケるんすよ!松竹座でも、なんかMCとかでも、僕いちばん下手にいるんですよ、上手に康二、でその横に丈がいるんですよ。もうこの二人がやかましすぎて!」

康二「ねぇ~。この松竹座やってるときにね、僕MC中隣が丈なんすよ。もうここでしゃべるしゃべる。ね、このコンビが、あの名物ですよ」

美香「ね!またほんで丈一郎くんもよーツッコんではるもんなぁ!」

康二「そうですね~彼良くしゃべりますよ、気が合うんですよ」 

 

丈こじめちゃくちゃかわいかった。なんとも俺得な組み合わせで嬉しかった~。ボケにボケてボケるから龍太くん大変そうだった。

 

OPの話

康二「OPが両方とも違うんですよね。ちっちゃい子組のほうはほんとにクリスマス感があって、バッキバキに踊るほうは、なんていうんすか、クラブっぽくみたいな、みんな行ったことないクラブを妄想しながらやってるんすよ」 

龍太「誰も行ったことないっていうね」

美香「たぶんクラブってこうやろな~みたいな?」 

 

 

昔のエイトの曲をやった話

美香「わたし何が嬉しかったって、ちっさい組のほうは関ジャニ∞さんのね、めちゃくちゃ懐かしい曲が」

龍太「そうなんですよ~」

美香「STANCEとかagreeとかさぁ」

康二「Heavenly Psychoとか?」

美香「あんなん聞けたのめちゃくちゃ久しぶりで。ほんでさっき松竹座の方に言ったら、エイトさん以来初めてなんかな?STANCEとか」

康二「あぁ、そうっすね、あんまりやってないっすね」

龍太「あぁ、そうかも」

美香「そう。ゆうてはった。なんでこういう感じにしたの今回」

康二「いや、なんかそのSTANCE踊ってんのあれっしょ?ちっちゃい子の…」

龍太「そう、特技のコーナーで、たぶん…別に理由はないと思うんですよ。なんかこう明るい曲って何ってなったときに、たぶんSTANCEが出てきて。やろうかってなって」

 

 

2パターン覚えないといけない話

美香「あれおっきい子組とちっちゃい子組のときってね、立ち位置とかさぁちょっと演出も違うよね?」

龍太「あ、そう、若干番号っていうか立ち位置がちゃうから、そのへんはちょっとシビアになってますね」 

康二「そうやねんなぁ」

美香「え、てことは自分らは、なんや、2パターン全部覚えんとあかんから、今回ものすごい大変やった?」

龍太「それもっと言ってください!もっと」

康二「もっと言ってください!違うとこで言ってくださいもう」

美香「いやいやじゃぁもっかい言いましょ、え、2パターン覚えなあかんから」

龍太・康二「そうなんですよー!」

美香「(爆笑)」

  

 

康二くんソロの話

康二「 Love&Hug ですね~」 

美香「こちら選んだ理由を教えてください」

康二「いやなんなんでしょうね~、ちょっと最近踊りすぎてるなって思って。だからちょっと新しい向井康二やろうかな~っつって、大人の人とも相談した結果、 Love&Hug になったんすけど。ま、最初は Love&Hug でちょっと踊りながら、おしゃれにしようかな~とも思ってたんすけど、いやこれは、踊らんほうがかっこええよ!ってなって、堂々と歌ってやってます」

美香「へぇ~」

康二「で衣装は自分で決めたんすけど」

美香「あ、そうなんや!あれでもちょっと私服っぽくってかっこええよね」

康二「そうっすね、私服っぽくしました」

美香「ね~。でもう一曲なんですけど、今回2回目ですよねまた BREAK OUT 」

康二「 BREAK OUT もう一回やりましたね~」

美香「これ2回目選んだ理由は?」

康二「まぁこれはなんていうんすか、僕と言えば、 BREAK OUT 、みたいな曲にしたいわけですよ」

 

 

龍太ソロの話

龍太「この曲(= cHocoレート )はそうですね、やっぱちっちゃい子たちがいっぱいいるので、ちっちゃい子たちとなんかできたらいいなと思って選びました」

美香「ほ~。そしてもう一曲が大倉くんの まもりたい 。こちらを選んだ理由は?」

龍太「これは、バラードが歌いたかったんで…」

美香「あんね、私ね、ちょっとね、関西ジュニアに対するバラードのイメージってのが、文ちゃんにね~、聞いて以来ね、踊るのがしんどいからバラードを歌うっていうあのイメージがつきすぎててですね」

康二「それは違うよねぇ Love&Hug はそういうわけではないですよ僕のやつはね。ま、ちょっとはありますよ」

美香「ちょっとあんのかい」

康二「あのA…フレッシュコンでは、踊らず、バッキバキでは踊る、どっちも同じにならないようにって」

美香「ちゃんとこうメリハリをつけてるってわけですね」

康二「そう。でも龍太くんは、踊りたくないからバラードした、と思いますよ」

美香「おっ、ちょっと真相を聞きましょう」

龍太「これは、あの、別に踊りたくないとかじゃなくって、ただただバラードが歌いたかったんですよ。こう今まで、歌ってきた曲って、あんまバラードって言うバラードなかったんですよ。ミディアムなバラードはあるけど…。あんながっつりバラードなかったから、なにかな~と思って。ま、エイトさんからまず探したんすよ。でエイトさんで探したけど、いっぱいいいのあるんすけど、なんか違うなーってなって、で最初あの横山くんの、ソロコンでやってた、たぶん HOPE って曲やとおもうんですけど、めっちゃバラードのやつあったんですよ。それにしよう!って思ったんですけど、それはなんかあのー、音源って言うか、そういうなんかいろいろ事情があって、その曲はなんか歌われへんってなって、どうしよう!ってなったときに、あ!そういえばって思い出したのが まもりたい やって」

美香「へぇ~~~!」

 

龍太がエイトのこと言ってくれるの嬉しい。

 

 

関西ジュニアポーズと新曲「Dream Catcher」の話

龍太「顔の横にですね、普通にピースをちょっと横に作っていただいて、で裏返して、でその左手は次裏返したピースをくっつける、でこのまま上に上げる」

美香「W、ということですね。これ誰発信で考えたの?」

康二「これは振付師さんが、自慢げに「これどう?これいいでしょ」みたいな感じで、で俺らも「あ、いいっすね~」って感じで」

龍太「ファンの人も一緒にできるようにって考えたんで」

美香「めっちゃいいですね、あの曲ね」

康二「あーなんかいいよねあれ。なんか俺らもやる気が出るというか。なんか Happy Happy Lucky You と違って、ダンスとかもガッツガツに間奏とかも踊るんで、やってて気持ちいいし、魅せる曲やなぁと思いますね」

 

 

星組での漫才

美香「そして漫才がね、あるんですよね今回も。私が見に行ったときは、えーとですね、向井くんがアモンチャイ…」

康二「あぁ!その回!その回か(笑)」

龍太「ムエタイやね」

美香「あれはなんすか、なんか結構他のお客さんは、「あぁお馴染みの」みたいになってたけど」

康二「よくムエタイの恰好するんですけど、なんか例えば笑いのね、コーナーを1ヶ月やるときに、ちょっとネタが尽きた時によくムエタイやってたんす俺って。でも漫才やから、ムエタイでキャラもんの漫才作ろうかなってなって、アモンチャイ、でやったんですけど、まキャラもん漫才っすよ」

美香「へ~ あれも結構続けてるやつなんですね~」

康二「はい、でも毎回メンバーが変わるんで初めてのネタです」

美香「へ~そうなんや~。室くんも結構ネタ作ってんの?」

龍太「いや、俺は作ってないです」

美香「あ、そうか、藤原くんか」

龍太「そうです、藤原がいるので」

康二「丈はすごいよね」

龍太「でも大西ちゃんとやったんですけど、漫才を、そんときは作りました」

美香「あぁそう~」

康二「めっちゃおもろかったんすけど、龍太くんが考えてきた漫才、まぁ流星も覚えてきてるんですけど、流星2,3回ネタが飛ぶっていう…「りゅぅたくん、ネタ飛んじゃったぁ」って。言っちゃうっていう」

龍太「きゅるるんとした目で見てくるんで」

美香「かわいらしいねぇ!その分じゃぁちょっといろいろカバーして、ね、たくさん笑い取ってあげないとね」

 

 

来年の目標とメッセージ

康二「関西ジャニーズJr.、全体的に仕事も増えつつ、知名度も上がってるんですけども、僕も負けてられないということで。なんかいろんなバラエティー番組に出て、CDデビューももちろん目標ですけど、そのまえに、いろんなテレビ番組に出て、向井康二の知名度を上げて、関西ジャニーズJr.を全国区にしていきたい、っていうのが僕の目標でございます!」

龍太「そうですねー、関西ジュニアね、康二も言ってたけど、いっぱい仕事してるんですけど、個人の目標としてはですね、2016年…、(康二:M-1?)違うわ!2016年僕は66回、以上テレビに…テレビラジオ含め、出演しよう!という目標を掲げます」

康二「なるほどね!なぜ66回?」

龍太「ムロだけにね」

康二「…すごーい!(拍手)座布団全部持って行って」

美香「ほんまに宇宙旅行行ってまえやな」

康二「ほんまやで、もう一生帰ってこんでいいわ。一生帰ってこんかったら俺が寂しいな」

龍太「いや、でもそれくらい仕事できるよう頑張ります」

美香「はい、ありがとうございます」

 

ふたりともハッキリまっすぐ話してたのがかっこよかった。

 

 

以上おしまい。

ちなみにEDにかかった曲はタキツバの「夢物語」でした。

文字には起こさなかったけど今回の恒例の甘い台詞コーナーでの龍太くんの台詞が個人的にかなりお気に入りです。「じゃぁちゅーしよっか」って!!って!!声がまず甘いんだよ龍太ぁ…大阪に行く途中のヤコバで一人じたばたしてた。

 

 

後半はだいぶ雑になりました。しばらくはやりたくないぜ、文字起こし。