読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

指先から広がる世界

ミーハーゆるをたの下手くそな文章。(twitter@Lime_a08/@Lime_a06)

レコメンを聞きながらちょっとだけ関西Jr.を考えた

ジャニーズ 関ジャニ∞ 関西ジャニーズJr.

日生劇場からバタバタ帰ってきましてリアタイしました、関ジュゲストのレコメン。

 

先輩であるエイトの2人と一緒に、生放送3時間のラジオに出てくれて嬉しい~!これだけで東京に来てくれたかいがあった!嬉しい!

龍太も康二くんも大ちゅんも、舞台本番後に生放送ほんとお疲れさま~!

 

ざっくり感想。最近雑感散らかし放題だったのでまとめます。

 

 

開始早々、自己紹介を突っ込まれる康二くんおいしすぎる。村上先輩ほんとありがとうございますッ。

しかもそのあと「塩麹くん」「しおくん」って呼ばれてるのがおもしろすぎるし、そう呼ばれて「しおこぉじはぁ~…」って話し始める康二くんがめちゃくちゃかわいい。

しかも「1時間喋っててわかったけど結構アホやろ!」と村上先輩に突っ込まれる。ばれるの早い。

 

今の関西ジュニアの話を聞きながら昔を思い出してるヒナ*1とマルの話もすごくよかった。わかってるけどエイトも長い間下積みしてたんだもんね。今となっちゃもっと長い間Jr.やってる子だっているわけだけど。

大阪から3人で上京してきて、ぎゅぎゅっと一緒に行動してる3人が愛しい。ほんとこの1か月のうちに次の仕事決まるといいねッ。

 

さてそんな中、聞いて考えてしまったのは終盤。

 

メール「歌、ダンス、芝居の中でどれか一つだけもっと上手くなれるとしたらどれを選びますか」

 

龍太「芝居ですね。いま舞台やってて、大阪と東京で同じ役なんですけど少し変わってる部分もあるし、そういうのをいろいろと追及していったら楽しくなってきて。奥が深いというか、いろんな演じ方もあるし」

 

康二くん「(しいていうなら)ダンスですかねぇ。揃えるやつは揃えて、個性出していいやつは、個性出してやってます。自分なりに。向いてるほうやと思います」

 

大ちゅん「芝居ですかね。朝ドラに出たのを期に、周りの人がすごい演技がうまい方ばっかりで、どう戦っていこうか考えていたので、もっと自分にしかできない芝居をできるようになれたらなって思います」

 

この3つの中ではどれ?と聞かれて、まず「喋りが好き」って言った康二くんがらしくて好き。

でもここで康二くんが「ダンス」って言ってくれたのがすごく嬉しくって!私が康二くんのダンスが大好きで、その手足の長さを生かした綺麗なダンスに惹かれたってだけなんだけど、それを武器だと思っているというのが嬉しい。

 

龍太と大ちゅんが「芝居」と答えたのもなるほどな、と思う。もっといろんなところで活躍してほしい。

 

そしてこの質問、ほかのジャニーズにも聞いてみたい。Jr.にも、デビュー組にも。バラエティって選択肢があってもいいかも。

 

ちなみに、マルとヒナは歌だそう。

 

 

で、次にこれ。

 

メール「三十代になったときどんな自分を想像してますか?」

 

康二くん「デビューとかじゃなくて、テレビにはちょこちょこ出ときたい。デビューよりは関西ジュニアを知名度を上げてから、デビューしたいしたいって言っててもあれなんで、まずデビューできるところまでスキル上げてからデビューしたい。文句言われんくらいになってからデビューしたいって言いたいですね」

 

龍太「一定期間なにか舞台とか、テレビとか、してたいですね。なんかしらの形で。デビューデビューって言ってられる年じゃなくなってきたんで。いろいろ焦りが」

 

大ちゅん「安定した収入。夢は捨てずにはいたいです。理想は、僕の中ではデビューです」

 

「スキルなんてどーでもええからとにかくデビューデビューだった」っていうヒナマルの言葉も、らしくて好き。それに反してとっても現実的なことを言ったるたこじだいの言葉も好き。

 

もうこれは聞きながら泣きそうになってしまった。というかちょっと泣いた。

 

ヒナが「かなり現実的」と言った通りだと思う。

龍太が「デビューデビュー言ってられる歳じゃなくなってきてるんで」と言ってるのも正直その通りなのかなぁとも思う。でも、それよりも、デビューできないから辞める、じゃなくて、デビューできなくてもほかの道で頑張る、と言っていることが嬉しい。可能性はいくらでもある。

大ちゅんの「理想はデビューです」って言葉もまっすぐで感動した。もしかしたら、理想がデビューって言いにくかったのかな?とも思った。(前に答えた2人がそう答えなかったから)

 

で、康二くんの「文句言われんくらいになってからデビューしたい」だけど、私はこの言葉についていきたいなって思った。ただデビューするよりも難しいことをしたいって言ったことがすごい。しかも全国ゾーンで。かっこいい!!

「デビューとかじゃなくて」って言ったときは一瞬戸惑ったけど、これつまりデビューはしたいんだよね。それと、関西ジュニアっていう居場所を大切にしてるんだろうなって感じた。自分が、じゃなくて、みんなで、なのかなと。

これ聞いて照史くんや濱ちゃんが前に言ってた言葉を思い出したんだけど、うまくまとめられないので割愛。

 

そりゃどこまで本音なのかわからないしもっと内に秘めてるものはあるのかなって思うけど、まっすぐこの言葉を受け取りたい。

 

ヒナの言った通り選択肢が広がっているんだということも感じた。

それでもやっぱり、CDデビューしてるかしてないかってすごく大きい違いだと思うから、もっともっと頑張ってほしい。いや十分頑張ってるよなぁ。なんつーか、報われてほしいなぁ…。

 

それで、松竹座と少クラin大阪で披露した「BIG GAME」を思い出した。

「勝ち残りたい」と歌う彼らを生で見て、テレビで見て、感じた気迫とそれに対する期待。それを信じて胸張って彼らを応援したいって、思ってる。

 

刹那的で儚いそのきらめきに私は心底惹かれてるんだ。

もちろんそれは関西だけじゃなくってね。今年の夏、チーム者を見てても思ったよ。

いつなにがあるかわからないからこそ、今この瞬間を一緒に感じていたい。

 

時間もお金も無限じゃないけど、満足のゆくまで頑張る彼らを見ていきたいな~!

 

…と、レコメンを聞いて思ったんだ、という話でした。

 

以上です!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

※引用として書いたラジオでの発言はどちらも要約です。

 

 

ちょっとまとめきれなかった(というか、蛇足かなと思って削除した)ことを後ほどTumblrに上げておきます。興味あれば…

LimeBeat (ちょっとだけ考えた話の蛇足な話)

*1:村上信五。あだ名の由来わかんない人はggってください